食材

キャベツの賞味期限の目安は?しなしなだけど食べられる?長期保存の方法を紹介

炒め物、サラダやスープなど幅広く使えるキャベツは、冷蔵庫に常備している野菜のひとつだと思います。

なんとなく長持ちしそうだからラップで包んでそのまま冷蔵庫へ・・・

初めは新鮮でシャキシャキなキャベツだったのに、気づいたらしなしなに・・・なんてこともよくありますよね。

そこで今回は、キャベツの賞味期限の目安、上手に保存して長持ちさせる方法を紹介します。

キャベツ(1玉)の賞味期限の目安

キャベツは、長野の高原など涼しい地域で栽培されるため、基本的に冷蔵庫での保存が向いています。

適正温度は0℃~5℃とされているので、キャベツを保存するには少し温度が高めの野菜室よりも、冷蔵室がおすすめです。

常温保存:3~4日程度

上述したように、キャベツは常温での保存は向いていません。

ただし、下記の保存方法で冷暗所に置いた場合は3~4日程度、冬場なら1週間ほど日持ちします。

step
1
芯を抜き取る

芯は水分・栄養を吸収してしまい乾燥の原因になるので、芯を抜き取ります。

step
2
水を含んだキッチンペーパーを詰める

芯のあった部分に水を含ませたキッチンペーパーを詰め、水に濡らした新聞紙で包みます。こうすることで切り口が乾かず瑞々しさを保つことができます。

新聞紙がない場合はキッチンペーパーなどでも代用できます。

ただし、放置しておくと乾燥や雑菌増殖の原因になりますので、キッチンペーパーや新聞紙は2~3日を目安に定期的に交換しましょう。

step
3
ポリ袋に入れる

そのままポリ袋に入れ、芯のあった部分を下にして置いておきます。密閉するとキャベツが呼吸できなくなってしまうので、袋の口は少し開けておきましょう。

 

冷蔵保存:2週間~1か月程度

キャベツを1玉そのまま冷蔵保存した場合の賞味期限は、2週間~1か月程度です。

買った状態でそのまま保存する場合は、2週間を目安に食べきりましょう。

ただし、キャベツは湿度が必要な野菜なので、乾燥している冷蔵庫でそのまま保存すると、しなびてしまいます。

常温保存と同じ方法で正しい処理をすれば、より長持ちさせることができます。

step
1
芯を抜き取る

芯は水分・栄養を吸収してしまい乾燥の原因になるので、芯を抜き取ります。

step
2
水を含んだキッチンペーパーを詰める

芯のあった部分に水を含ませたキッチンペーパーを詰め、水に濡らした新聞紙で包みます。こうすることで切り口が乾かず瑞々しさを保つことができます。

新聞紙がない場合はキッチンペーパーなどでも代用できます。

ただし、放置しておくと乾燥や雑菌増殖の原因になりますので、キッチンペーパーや新聞紙は2~3日を目安に定期的に交換しましょう。

step
3
ポリ袋に入れる

そのままポリ袋に入れ、芯のあった部分を下にして置いておきます。密閉するとキャベツが呼吸できなくなってしまうので、袋の口は少し開けておきましょう。

 

より簡単な方法で長期保存するには

長持ちさせたいけどキャベツの芯を取るのが面倒くさい•••とか、頻繁に手入れをするの忘れそう•••という場合は、芯の部分に爪楊枝を3本挿す方法がおすすめです。

こうすることでキャベツの成長が止まり、2〜3週間程度日持ちするようになります。

爪楊枝を挿したままの状態でポリ袋に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

 

カット済キャベツの賞味期限の目安

切り口が空気に触れると酸化して変色するため、小さく切れば切るほど変色も早くなります。

冷蔵保存(1/2、1/4):1週間程度

スーパーなどには1/2や1/4にカットされたキャベツもありますよね。キャベツ一玉は冷蔵庫の幅を取るので、カットされたキャベツを買う方も多いのではないでしょうか。

ラップに包まれているのでそのまま冷蔵庫に入れる人もいますが、それだとキャベツが呼吸できず、劣化が早まってしまうので、以下の方法で保存するのがおすすめです。

step
1
ラップを取る

密封された状態だとキャベツが呼吸できずに劣化が早まるので、ラップをはがします。

step
2
軽く濡らした新聞紙で包む

乾燥を防ぐために、湿らせた新聞紙でキャベツを包みます。新聞紙がない場合はキッチンペーパーなどでも代用できます。

step
3
ポリ袋に入れ冷蔵庫へ

ポリ袋に入れ、袋の口は少し開けた状態で冷蔵庫で保存します。

 

 

カットされたキャベツは正しく保存していても、切り口が酸化して黒ずんでしまうことがあります。そんな時は、断面を切り落としてから調理しましょう。

 

冷蔵保存(千切り):2〜3日程度

小さくカットされたキャベツは空気に触れる切り口が多いため、変色したりシナシナになってしまいます。

酢やレモン汁を混ぜたり、水に浸しておくと2〜3日は持ちますが、早めに食べ切った方がいいでしょう。

サラダ用の袋に入った状態で売られているものも同様です。

冷凍保存:1ヶ月程度

シャキシャキ感がなくてもいいスープなどの料理に使うのであれば、冷凍するのもおすすめです。

調理方法に合わせてカットしたキャベツをジップロックに入れて冷凍庫で保存します。1ヶ月程度日持ちします。

 

変色したキャベツは食べられる?

カットしたキャベツの切り口が茶色く変色している場合は、傷んでいるように見えますが、実は「酸化」が原因で変色してしまっているだけなんです。

食べても問題ありませんが、食感が落ちてしまっていることが多いので、断面を切り落としてから調理するか、スープなどの煮込み料理にするのがおすすめです。

 

変色を防ぐ簡単な方法は、濡らしたキッチンペーパーで、ぴったりと切り口を覆って冷蔵保存です。

 

キャベツが腐るとどうなる?

キャベツが腐ると、ぬめりや葉っぱが溶けたり、また酸っぱいにおいがすることもあります。

このような場合は、腐っている可能性が高いので、食べるのは控えましょう。

 

 

 

 

-食材
-,

© 2021 主婦活 Powered by AFFINGER5