食材

人参の賞味期限は?腐るとどうなる?見た目や匂いの判断方法を解説

栄養が豊富で彩りもよく、食卓には欠かせない人参。

家に常備していて、結構長持ちするから時に意識していなかったけど、気付いたらぶよぶよになっていたなんてことありませんか?

根菜類である人参は比較的長持ちしますが、賞味期限はあまり知らないという方も多いのではないでしょうか。人参が腐るとどうなるのでしょうか。


そこで今回は人参の賞味期限の目安、腐っている時の見分け方、また長期保存の仕方を解説します。

人参の賞味期限の目安

常温保存:1週間程度

人参は湿気と乾燥を嫌うので、常温保存は冬場のみにしましょう。春から秋は冷蔵庫での保管がおすすめです。
冬場でも暖房の効いた部屋での保存は避けた方が良いでしょう。

常温で保存する場合、新聞紙やキッチンペーパーなど保湿できるもので包んでから冷暗所で保存すると長持ちさせることができます。

保存目安は約1週間です。

冷蔵保存:2週間〜1ヶ月程度

乾燥を防ぐためにキッチンペーパーなどで包んでポリ袋に入れ、野菜室で保管しましょう。

人参は土の中で縦に育つので、葉を切り落として立てた状態で保存することが、冷蔵保存で長持ちさせるポイントです。

冷蔵保存した場合の賞味期限の目安は約2週間、上手く保存すれば1ヶ月保存することも可能です。

 

冷凍保存:1ヶ月程度

冷凍は1ヶ月程度保存することができるので、すぐには使いきれない場合は冷凍保存しておくといいでしょう。

冷凍すると野菜が長持ちすることは広く知られていますが、なぜ冷凍すると保存期間が延びるのでしょうか。

その理由は、冷凍することで野菜の腐敗と劣化を抑えることが出来るからです。

一般的な冷凍庫の基準温度である−18℃ならば、細菌が活動することができなくなるので、腐敗を止めることができます。

また、低温にすることで食品の劣化も防ぐことができます。



まるごと冷凍してしまうと人参がカチコチになってしまい、カット・調理しづらくなるのでおすすめしません。
以下の手順で事前に準備し保存する方法がおすすめです。

step
1
使用用途に合わせてカット

解凍せずにそのまま使用できるように、調理で使用する形に合わせていちょう切りや輪切りにカットします。

step
2
水気を拭き取る

水気を拭き取らずに凍らせると、凍る過程で発生する氷結晶が食品の組織や細胞を壊してしまいます。

また、氷が溶けた時に出来る空洞が原因で、スカスカしたり、ぐしゃっとした食感に変わってしまいます。

ですので、キッチンペーパーで水気をしっかり拭き取ることが大切です。

step
3
ジップロックに入れて冷凍保存

水気を切った野菜をジップロックに入れ、袋の中の空気を抜いて冷凍庫で保存します。

密封させることで乾燥や劣化を防ぎます。


人参が半端に余った時など、冷蔵保存だと切り口からすぐに傷んでしまうため、カットして冷凍保存することで長持ちさせることができます。

カット済人参の賞味期限の目安は?

冷蔵保存:3〜4日、冷凍保存:1ヶ月程度

カットした人参の賞味期限は冷蔵保存で約3日〜4日と言われています。

早めに消費しきれない場合はジップロックなどに入れて冷凍することで、1ヶ月程度保存することができ、また調理する際の時短にもなります。


ヘタの部分から栄養が失われていくため、ヘタに近い方から優先して使用するようにしましょう。

 

人参が腐るとこうなる

 

人参が腐ると、見た目や触った時の感覚が通常と明らかに違くなります。以下のような特徴が表れてきます。

こんな場合は注意

■見た目
・カビが生えている
・黒く変色している
・切ると中身がドロドロ
■触感
・柔らかくぶよぶよ
・触るとヌルヌルしている
■匂い
・酸っぱい臭い

上記の判断ポイントを詳しく説明していきます。

カビが生えていたり、ドロドロしている

人参の表面に綿のようなものが付着している、スプレーで塗ったように黒く変色している場合はカビである可能性が高いです。思い切って処分しましょう。

カビは目に見えない深部まで広がっている可能性があるので、一部でもカビが生えていたら危険です。


また、切ると中身がドロドロに溶けていることがあります。腐っている証拠なので廃棄しましょう。


カビではなく、表面が黒ずんでいる(黒い斑点)だけの場合であれば、美味しく食べられます。

空気に触れて酸化したことが原因であり、傷んでいるわけではありません。

表面の皮を剥けば、鮮やかなオレンジ色になるはずです。

柔らかくぶよぶよ、触るとヌルヌルしている

表面が柔らかくなっていても、中身が固いようであればまだ十分食べられます。

そのままでも食べられますが、1〜2日ほど水に浸しておけば元の固い人参に戻ります。


中身までぶよぶよになっている場合は控えた方がいいでしょう。


また、触るとヌルヌルしていて、洗っても取れないようなぬめりが出ている場合は腐っているサインです。

水で洗い流してぬめりが取れるようなら食べられますが、皮は厚めに剥き、生で食べるのは避けた方が安心です。

変な臭いがする

見た目に異常がなくても、酸っぱい変な臭いがしたら危険です。

この場合は味も変になっていますので、すぐに廃棄しましょう。

この状態ならまだ食べられる!

以下の状態の人参は腐っているわけではないので、食べられます。

まだ食べられる

・表面や先端が黒く変色している
・表面または一部が柔らかくふにゃふにゃ
・中身がスカスカ
・ヒゲや芽が生えてきている

美味しく食べるための対処法を説明していきます。

 

表面や先端が黒く変色している

冷蔵庫の中で温度変化があったり、空気が触れて乾燥したことが原因です。
皮を厚めに剥けば、美味しく食べられます。

表面または一部が柔らかくふにゃふにゃ

水分不足によるもので、腐っているわけではありません。

新鮮な水に人参全体を浸し、1〜2日ほど漬け込んでおくことで復活します。

漬けておく水は人参が吸い上げますので、時々水を替えることをおすすめします。

中身がスカスカ

人参の中身が小さな穴だらけになり、スカスカになった状態を「 す が入る」と言います。

水分が抜けてしまっているだけなので食べられますが、味や食感は損なわれます。

食べる場合は、 す が入った部分は切り落とし、他の部分はみじん切りにして調理をすることをおすすめします。

ヒゲ根や芽が生えている

ヒゲや芽に毒はありません。剥いて取り除けば問題なく食べられます。

ただし、栄養がヒゲや芽に奪われてしまうので、味が落ちてしまいます。

もし生えてきた場合は、なるべく早めに食べましょう。

まとめ

人参はうまく保存すれば1ヶ月程度持ちます。

食卓には欠かせない栄養豊富な野菜のひとつですので、カットして冷凍保存して日持ちさせ、美味しく調理しましょう。

人参が腐るとこうなる

・カビが生えている
・黒く変色している
・切ると中身がドロドロ
・柔らかくぶよぶよ
・触るとヌルヌルしている
・酸っぱい臭い

 

この状態ならまだ食べられる

・表面や先端が黒く変色している
・表面または一部が柔らかくふにゃふにゃ
・中身がスカスカ
・ヒゲ根や芽が生えてきている

 

美味しいにんじんの見分け方!栄養と効能も解説

にんじんはカロテンが豊富で栄養価が高いことに加え、色鮮やかで見栄えもよくなるので冷蔵庫に常備している野菜のひとつだと思います。そんな食卓には欠かせないにんじんを選ぶ際のポイントや栄養素について解説しま ...

続きを見る

 

-食材
-, ,

© 2021 主婦活 Powered by AFFINGER5